FC2ブログ

アウレリウス

プロフィール

Aurelius

  • Author:Aurelius
  • 1983年、淀みから誕生
    体長:0.1ミリメートル~60メートル
    体重:4万8千トン(最大時)
    攻撃:ヘドリューム光線、ヘドロ弾、硫酸ミスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の私
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
RSSリンク

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイイ

Thu.10.12.2009
2 comments
親戚が危ないとかでICU行った。


既に何できるわけでも無い状態で、俺はあんまり関わりのない立場であったから病院内をフラフラしていた。
すると通路に先生の書いた漢文だの絵だのが飾ってあった。ぼうっと眺めている一瞬、邪悪な気を感じ振り向くと壁に貼り付けられている二つのケースがあった。その一つの箱の中にははキレイな蝶の標本、もう一つは中に50匹を超える虹色のクワガタムシが虫ピンで貼り付けられていた。横に貼った紙には「寄贈○○先生」と書いていた。


俺もいよいよな時はこの先生にお願いしたいと思った。でも生きてるうちは勘弁してくれよな。
スポンサーサイト

« 正気 | home | わらしべ長者-完結編- »

comment
人ピンっすか。虫の標本の横に人の標本。
ガキ使笑ってはいけないシリーズのいいネタになりそうじゃないか。
そんな時期も近いづいて来たのですね

虫の標本作ってる奴ってなんかこう、怖いイメージがあるなぁ
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。