FC2ブログ

アウレリウス

プロフィール

Aurelius

  • Author:Aurelius
  • 1983年、淀みから誕生
    体長:0.1ミリメートル~60メートル
    体重:4万8千トン(最大時)
    攻撃:ヘドリューム光線、ヘドロ弾、硫酸ミスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の私
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
RSSリンク

明確・・・?

Sun.21.12.2008
0 comments
これを見てから読んで欲しいのだけど。魔法 - Wikipedia


私はとある空間で日々監禁されながら、wiki の記事では何が一番笑えるのかを探している。現在は「不良少年行為」がナンバー1だけれども「魔法」の項目も凄い。不可思議な能力をさす言葉一つ一つに解説を加えているのだが、「明確に手品ではないという意味合いを持つ。」というのが文中にかなりの割合で配置されている。どうやら不可思議な能力を定義する際にそれが手品であるかどうかはかなり重要な要素であるらしい。しかしこの項目、まだ不可思議な能力に付いての言及が甘いところがある。解説が及んでいない項目に付いて私が解説するとこうなる。大事なのは手品であるのかそうでは無いのか。


・超魔術・・・明確に手品であるという意味合いを持つ。
・ハンドパワー・・・明確に手品であるという意味合いを持つ。
・スターファイヤー・・・明確にプリンセステンコーであるという意味合いを持つ。
・シャクティパット・・・明確に金の亡者という意味合いを持つ。
・ビブーティ・・・明確にサイババであるという意味合いを持つ。


ま。その。はっきり言って上記は間違いである。そもそも魔法が存在はしないのだから。この定義で必要なのは、行為者本人がフィクションと認めているかどうか。それしかない。



そう。したがって私が挙げた5つの項目。これらは全て魔法である。
スポンサーサイト



今から30分間凄く暇

Thu.18.12.2008
2 comments
勇者っているよね。あれって悪の大王を倒しに行く偉い人の筈。


だんだんゲームでは横の要素の充実と言うか、途中でカジノで遊んだり、ペット育てたりとかが増えてきた印象がある。よくよく考えるとこの世界に勇者が居て、そいつがカジノで遊んでたら俺は石を投げ打つし、逆に俺が勇者だったら、「何故世界を救おうとしている俺が武器手に入れるために金稼いだり乗り物ペットの飼育までしなきゃ行けないんだ!もっとサポートしてくれよ!」って思うだろう。でも実際の所勇者候補って多分物凄くたくさん居て、一般庶民は現状の生活で満足しているからそんなの勝手にやればって感じなのかもしれない。それどころかこれは一儲けできるかな、何て思ったり。

だからどの勇者が一番世界を平和にしてくれるのか投票で公認勇者を決めてみたりしてみてはどうだろう。でも少人数の勇者が利益を貪るといけないから、対抗意見を持つものも選んでみたり。そのうち人数が増えると真っ当な意見を言ってるだけよりも同意権の奴等と徒党を組んだ方が有利であることに気付いたり「俺たちの方が良い世界を作る!」みたいな。でも結局そいつ等全員「何で世界を救う俺等がかかる経費をを払う必要があるんだよ」って思ってる。



だからこういうことになる。

はじめまして

Tue.09.12.2008
2 comments
いまさらだけど自己紹介作成。これはまだ辞めないとの自分への戒めである。


深呼吸をしてクリック。沸き起こる管理者への殺意を我慢して見るべし。

カチカチ

Fri.05.12.2008
0 comments
尊敬すべき成功は、無から価値を創造した人の成功だと思う。偶然そこにあった土地や天然資源を売買して得る成功には、さほど尊敬の念を抱けない。それが価値あるものだと言うことはすでに決められていただけだからだ。たまたま座った椅子が良かっただけの話。


オイルマネーでバベルタワーが、見たいな話を聞くたびにそう思う。エネルギー転換されたらどうすんのか。破格で原油を売り歩くつもりなのか。生れ落ちた環境の運に胡坐をかいて、油売ってる場合じゃねーぞ、と思う。


えーと、油をですね。その。

さしのべ

Thu.04.12.2008
0 comments
カーテンの隙間から差し込む光の帯。アレは埃に光が当たってるんだって小学校の時先生が言ってた。全く美しいものではないんだけど、まぁそういうモンだよね。干した布団の匂いとか。


智慧の木の実を食べてしまって裸でいることが恥ずかしくなって布で体を覆い始めてから数千年か、地に満ちた人間が着ている繊維からは無数の埃が舞い上がる。神に背いた60億の人間が放つ埃は雲の隙間から差す神の光をより一層はっきりと視認させる。