FC2ブログ

アウレリウス

プロフィール

Aurelius

  • Author:Aurelius
  • 1983年、淀みから誕生
    体長:0.1ミリメートル~60メートル
    体重:4万8千トン(最大時)
    攻撃:ヘドリューム光線、ヘドロ弾、硫酸ミスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の私
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
RSSリンク

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉狩り

Thu.27.12.2007
0 comments
シリーズ、「逆に~」がかえって普通だったら。



・逆裏拳
ストレートパンチの意

・逆アバンストラッシュ
普通に剣持って横一文字にエイッと。

・逆スライス
フックです

・逆両A面
両B面

・逆エビぞり
前から思ってたんだけど、別にエビって反ってないよね。エビが反ってるかっつーのよ――――――ッ! ナメやがって この言葉ァ 超イラつくぜぇ~~~ッ!!





だから何なんだって言われたら、何も言うことはないんだけど。
スポンサーサイト

眠いから居留守しようと思ったらあの配達員、20回もインターホン押しやがって「←(ため)→←→+K」でKOしてやろうかと思ったよ

Wed.26.12.2007
0 comments
ニープレスナイトメアで。


本題、光り物が好きだ。



アクセサリーの話ではなくて、光ってるもの。オーディオの電源ランプやまだフルカラーじゃない頃の携帯のオレンジや緑の強い光が好きだ。煙草などを買いに外にでる時、部屋の電気だけを消した時の電源ランプとかの赤や緑の光の点々が部屋で光る様はたまらない。


ところでわが町には年末になると通りの並木などに電球を市に住んでいる人間の数だけ取り付け、命を管理するさながらあの世の蝋燭見たいなイベントが、たぶん、ある。あの光が消えた時あなたは、たぶん、死ぬ。まぁそれはどうでもいい。俺は光は好きだがこのようなタイプの光はあまり好きじゃない。暗闇にひっそりと光る光こそが好きなのだ。



そんな訳で俺が特にお気に入りのイルミネーション画像を御覧頂こう。

見つけるのは結構大変だった


ちなみに、レンズを間違えています


機能美


撮っちゃまずいのだろうか


まぁ、個人で楽しむものだし



はは。

私の武器

Sun.23.12.2007
0 comments
この間新幹線に乗っていました。


外の音が聞こえない車内で下校する高校生とか洗濯物を取り込んでる主婦を見たりするともう自分は死んでいて天国に向かってるようだと錯覚しますよね。
まぁ、それはさておき。福島駅で乗ってきたご老人、完全に散弾銃のケースを携えていらした。時期が悪過ぎる。車内は異様な雰囲気になり、ご老人はやりにくそうだ。俺は平静を装いながらもその時点で俺が持っていた最高の武器「ライター」でどのぐらいの戦闘が出来るのか妄想していた。


結局ご老人はあまりの周囲の目線の冷たさか席を立って移動した。ホントに申し訳ない。



などと思いながらも俺は背後からいきなり銃口を突きつけられたときジッポライターで弾を防ぐことが出来るか妄想していた・・・

因果

Wed.19.12.2007
0 comments
カニが身の周りにいる。



このページの左下「現在の私」コーナーにてカニについて言及することがたまにあるが、いよいよおかしなことになってきたのでここに記す。


と言うのも、なんとなしに夢にカニが出てくる。俺が見る夢においてカニが主役だったことはない。ただ走っている俺の足元や、座ってる瓦礫の隙間、通った道端などにカニが配置されていることが多くなってきた。コレは一体どういうことだろうか。夢の中では「あ、カニだ。」ぐらいにしか気に留めないが、目が覚めてみると何故カニなのかそのことだけが気になっている。ひょっとしたら俺の前世はカニなのかもしれない。そこで気になって夢日記を検索してみるとどうやら今年の5月からカニが夢に出始めている。画像で見てみよう。


コレが5月3日のカニ
かにに


12月15日のカニ
かに



確実に形が変わっている。このまま進めば一体どんな結果に。
これは余談だが、今日寿司を食いに行っ時カニは怖くて喰えなかった。



※追記:気になって「夢占い カニ」で検索してみたら驚きの結果が。
     そんなんじゃねぇよ。

頼むよ、ほんと。

Wed.19.12.2007
0 comments
寒い。



先日とある事情で深夜徘徊をしていた際とても寒くなって、コンビニで防寒具を調達しようかと中へ入った。暖かそうな帽子を手にとってレジへ進むと。


「XXX円になります。このままお使いになるのでしたらタグの方お切りしますが。」


このアホが。どこの世界にレジで購入した帽子すぐかぶる奴が居るんだ。ここはRPGの武器屋か。と思ったので。


「いや、いいです。」



と言って、コンビニを出てから店の前でかぶった。何が違うかって。



さすがにそれじゃ晒し者じゃないか。

勅令随身保命

Sun.16.12.2007
0 comments
幽幻道師を3日連続で見る。


幽幻道師とは言わずと知れたキョンシー映画。CGやらでとんでもない出来のホラー映画が作れる現代に何でわざわざこんなもの、と思いながらも幼稚園の時にみた懐かしさで見てみたら。とても面白いしカッコいい。


特に、霊符。


思えば幼稚園の時もキョンシーの映画をみて皆で話すのは、道師さまが使う銭剣やら霊符やらのアイテムの話だった。特に霊符は大人気で、当時のひまわり組の男子ならほぼ全員キョンシーの暴走を止める霊符を書くことが出来た。どんなクラスだ。
まぁそれはさておき、再び燃えてしまった霊符への憧れ。さて一体霊符とはそもそもどのようなもので一体どんな意味があったのか。調べてみると奥が深すぎて簡単にマスターできるものではなさそうだ。なので俺が子供の時に書いていた霊符に、本来の書き方と新たなメッセージを加え極めて日常生活で使用しやすい霊符の作成に成功した。これを幾つかプレゼントするので人生の一大事にはぜひ使用していただきたい。言っておくが効き目は多分、無い。



では一枚目。
例えば調子こいて歩いている時、道の凸凹につまづいて人生をあきらめたりしていることは無いか。俺はある。そんな時の為の一枚。

踵擦り減らして歩こう


コレさえあれば君はいつも通りクールなままさ。つまづくがね。


二枚目。
例えば貴重な休日を潰して遊園地の海賊船のお客様案内のアルバイトをしている時、同じクラスのカップルが遊びに来てこの世界全てを呪った事は無いか。俺はある。そんな時の為の一枚。

大丈夫、何処へでも行ける


コレさえあれば君はいつでも居心地のよい君の世界の中さ。知り合いには次々会うがね。





本日は以上。

あと、いまさら言うことではないが「短期的に字が上手くなる霊符」を作成してから書けばよかったと悔やまれてならない。

コレは告知です

Sat.15.12.2007
0 comments
年賀状が来ない。


もちろん書いてないのだから来るはずも無いんだが。以前とあるディスカッションの大会に進行役として参加したときに自分のテーブルの参加者全員に賞品として俺の住所が記入済みの年賀状を配ったことがある。10枚。それで正月にどのぐらい年賀状が来るのかなと思ったら。


ゼロ。



正月早々怒り狂うことになった。
でも俺も少し反省した。俺からも歩み寄る意味で返事は書く。


だから年賀状を下さい。

outsider

Sun.09.12.2007
0 comments
海へ行く。


たまに海へ行く。俺の家からは距離がが結構あるからなんとなく雑談などをしながら車で向かうにはちょうど良い。



でこの間ふらっと行ってみたんだけど、なんかたまにゃあまり行かないようなとことかいいかなと思った一箇所目。3人ぐらいの小学生ぐらいの餓鬼が凄いテンションで踊ってる。午前二時。極めて不可解であったので、ここはやめようという事になった。ありゃ宇宙人だったのだろう、きっと。
で、2箇所目はよく行く場所。あまり普段は行かないテトラの横の細い塀の上をなんとなく歩いていると。先端に家が。え。ビニールシートやダンボールなどで出来ているが完全に家。3人は住める広さ。前は確かなかったはず。よくみれば拾ったのだろうか自転車や古タイヤなどがゴロゴロ集まっている。なにやら異様な威圧感。3人で行ったのだけど十数秒無言になり回れ右で引き返した。



俺が場違いなのか。

ああ、負けそうだ。

教育洗脳改造粛清黙殺

Tue.04.12.2007
0 comments
NHK教育がためになりすぎる。


やれ文学史に残る名作やらに自然に触れることが出来るよう配慮されている。俺が子供の時に見ていた同チャンネルでためになったことといえば精々パジャマの着方、歯の磨き方ぐらいのものだ。俺が知らないような日本古来の歌や作法、文学を幼い頃から吸収していく今の餓鬼どもの将来が怖い。全てにおいて基礎から負ける気がする。それでもって、


さっき琉球空手の基礎が子供向け番組で流れていた。


高い知識と琉球空手を操る世代の誕生、旧世代の絶滅の日は近い。

「鎮魂歌」って響きがちょっとね

Mon.03.12.2007
0 comments
モヤモヤ思ってることは文字に書いてみればすっきりする。それ相応の立場になったらこんな本でボロ儲けしたい。


そんな訳でここを更新しようと思うたびに頭をよぎり、しかしあまり発展しそうもないので放っておいた事柄をスッキリさせておきたい。

以下単なる箇条書きである。


・その1「フランシスベーコン」

え。
二人いるの。
末裔ですか。
へー。そう。

・その2「パン」

何で暖めますかって聞かないんだろう。
冷たいよ。二つの意味で。

・その3「ニュース」

亀頭3兄弟だとか外人力士だとかのお祭りには絶対に参加してやらない。
しかし、なんと楽しそうなことか。

・その4「あの人」

完全な日本人名を持っているのに喋るとカタコトの人がいる。
聞きたい、でも。
なんて聞けば。

・その5「相克」

アンチエイジングとかデトックスに必死になる人は逆にものすごく老いている気がする。
そういう意味では「青春ラブコメXXX」に何かドス黒いものを感じる。

・その7「裏の裏」

なにやら食い物の期限偽装みたいなことが流行っているが。実は偽装を行なっている企業に食材を卸している企業も偽装していてこの騒ぎに案外ホッとしてんじゃないか。さらに実は政府は基本的に賞味期限の指定を誤っており一番ホッとしてんじゃないか。いや実は動植物は自ら肉体に関しての期限を・・・

・その8「何気ない一言」

同居人。
どういう意味か分からない。

・その9「略語」

メジャーな略語を知らないと鬼の首取った様にバカにされる。
悔しい。

・その10「ギャップ」

ギャップがあると多くの場合好印象に働く。
じゃあ悪印象のギャップってなんだろう。
「ものすごいセレブだけどもっぱら焼酎に塩辛」とか。
駄目だ、好みだ。



とりあえず今日は10個供養。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。