FC2ブログ

アウレリウス

プロフィール

Aurelius

  • Author:Aurelius
  • 1983年、淀みから誕生
    体長:0.1ミリメートル~60メートル
    体重:4万8千トン(最大時)
    攻撃:ヘドリューム光線、ヘドロ弾、硫酸ミスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の私
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
RSSリンク

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・港がサイレントヒル

Mon.30.07.2007
0 comments
菊池桃子のアルバムに関して。


「ラ・ムー」じゃねーか、って意見があったので探してみたところ。見つかりました。


飛翔



ラ・ムーではないみたいだね。余計に謎が深まってしまった、何なんだコレ。
スポンサーサイト

港がサイレントヒル

Fri.27.07.2007
4 comments
今日、中古レコードを見ていたら。ディープパープルのアルバムでしょうか、こんなものを見つけました。

Fireball 五つ子ちゃんアタック




あまりにも衝撃だったために。


「これがデビューアルバムだったらどうしよう。」とか
「凄い必殺技だな」とか思い、周囲にあるレコードのジャケットと組み合わせては堪能しました。菊池桃子のアルバムとが最高に「出会いのもの」だったのですが画像が見つからなくて困っていたところ

You Could Have It So Much Better あなたー!



を友人が見つけてくださったので。


fireball



このように料理しました。


おいしかったです。

対話

Tue.24.07.2007
0 comments
甲「おう」
乙「ああ」


甲「クリスペプラーってトークも上手いのにマジックもあんなに出来るなんて凄いよな」
乙「それ、別人だぞ」



甲「そっ、か…」
乙「ああ」

次のステージ

Mon.23.07.2007
0 comments
全ての快楽は苦痛を希釈したものである




って言葉があるけど、ホントだと思う。SMと猟奇殺人とか、運動と奴隷とか、同じベクトルの強弱の問題ではないだろうか。満足を得る線引きは人それぞれ違うけど行き過ぎは毒になる。ギャンブルってスリルがあるから楽しいんだと思うけどロシアンルーレットを楽しめる人はそう居ないだろう。すべて過ぎたるは及ばざるが如し。



ドコモのCMが苦手だ。ドコモのCMにでてるあの女の子って可愛い子だと思う。その女の子がさらに可愛く見えるようなシチュエーションのCMやるもんだから、結果的に映像から出る可愛さは恐ろしいものになる。これが俺にとっては快楽の線を越している「毒」になる。これを俺は友人には「あの子は可愛いを通り越して気持ち悪いね」と言っている。



分かっただろうか。つまり全ての快楽の対象の究極は毒であり不快なものだと言える。雑誌などで騒がれる美男美女やスポットや料理なども究極までベクトルを強めればそれは正視に堪えない不快なものになる。もちろん人それぞれの満足度の線引きが究極まで達することは有り得ない、究極まで達することは同時に社会からの逸脱を引き起こしかねない問題を孕む。だが自分が愛好するものの完全体は異形の物であるかも知れないと言う事は心の片隅にとめておくべきだ。






ハリウッドスターに何の興味もわかないのは何故だろうと考えた時、そう思った。

天ガ回ル

Sun.22.07.2007
0 comments
私は、偶然出くわしてしまったのです。



その日、私は日暮れ迄大学の図書館にて勉強をして居りました。もう夕餉の時間かと思ひ帰路に着こうと図書館の門を出たところ、辺りは提灯の明かりや幟などそれは祭りのやうな光景が広がっていました。さらに近くの神社からは大塚愛とか言う歌手の歌謡曲を四、五人の子供たちが唄う声が聞こえてきました。子供カラオケ大会なるものを催していたやうで、それはそれは楽しそうな歌声が辺りへ木霊していました。先ほどまで我国の特攻隊についての文献を読んでいた私には大層眩しいものに見えてしまい、少し離れた場所で煙草を吸おうかと其の神社の横を通り過ぎることにしました。すると其の時少年の一人が私に向かってこう言ったのです。


「美味しいおでんは如何ですか」


私は充分な用意が出来ていないと子供と話すことが出来ないのでほとほと困り果ててしまいました。が、困ったことにその時私は私の顔が綻んでいる事に気付いてしまったのです。私はゆっくりと手提げ袋からカラシニコフ一丁を取り出すと。



「両手を挙げて後ろを向け」



と言ひ、粛清を始めたのでした。

いいからはやくロボトミーしてください

Thu.19.07.2007
0 comments
物が消える。


俺は物には無頓着なので無くなった事にさえ気付かないと言うことが多いのだが、気付いているだけでもかなり沢山のものが無くなってる。まぁ貸して忘れている事も多いんだけど。この間友人の車の中に俺と趣味の合うCDばっかりあるなと思ったら全部俺のだったし。それはいいとして、無くなったものを冷静に考えたら総額15万ぐらいになってたときは焦った。つい最近はバイオリンが無くなりました、はは。次元の狭間は俺の部屋にあるのかもしれない。



物はまた買えばいいし、そんなことぐらいではこの大海のごとき心を持つ俺はビクともしないんだけど。






保険証無くなった。



どーしよ。

being free

Wed.18.07.2007
0 comments
バランスをとるために汚いこと書く。



「下ネタ」をあまり言わない、露骨なものはなるだけ言わないように心がけている。俺にとって下ネタはチャリオッツが剣先を飛ばすような、言わば「最終兵器」のようなものなのだ。が、思い返せばいつだって笑わされてきたのは下ネタによってだ。
数年に一度しか会わない中学校の時の友人と仲良くなったのはミュージックステーションのビデオを貸してくれと言われた時に全く違うビデオを貸したことがきっかけだ。次の日彼はいきなり怒って俺に話しかけてきたが、急激に距離が縮まったのを覚えている。


だがある時自分と全く違う集団が大声で下ネタを話しながら大笑いしているのを聞いて身の毛がよだつ体験をした。身内では麻薬のようにやめられなくその会話も外側から聞けば最悪のノイズであった。




そう気付いてからはあまり直接的な単語は言わなくてもすむ様にいろいろ自分なりの隠語を開発して使用していた。よし、これで好きなだけ言えるぞ。これは使えると思う、周りにはフランス革命について議論してる連中と装いつつもその実は…みたいな。




だがある時その隠語の一つが直接言うよりも酷いという指摘を受けた。





なんて言ったかっていうと、それはね。

巨人、虫、骸骨、人影

Wed.18.07.2007
0 comments
こんな時に不謹慎だけど、地震を予知した事がある。


夢の中で3日後に地震が起きるというニュースを見たので友人に言いふらした。3日後の朝、仙台で震度5の地震があった。その日の夜友人たちに会った俺は「ほら、言ったとーりだろ!スゲーだろ!」と自慢したが反応は極めて冷たいものだった。何故驚かないのかと聞いたところ「いや、たしかに言ってたなと思ったけどなんか腹立ったから。」と言われた。何故なのだろう、その時は分からなかった。



その時から、災害を予言する者が集まるサイトを見ることが何回かあった。書かれていた予知の幾つかは当たっていた、能登のものもあった。が、あまりにも曖昧な予知ばかりが無数にあってほとんどは外れていた。あらゆる災害予知の中で日本の地震予知ほどリスクの少ないものはないと思う。一ヶ月に地震の起きない月があるだろうか、またプレートの位置や各都道府県の地理的条件を考えても海をイメージさせる内容を入れれば多くの場合当てはまる。事実そのような予知は多かった。
予知を見事的中させていた人間はまるで超能力者のようにもてはやされていた。「これのことだったんですね」みたいなこと言われて。「私の思い過ごしだったらいいのですが」とか言って。


やっぱ予知って当たんなきゃ駄目だと思うし、なんとなくの類は人に言ってはいけないと思う。特にこのような誰かが苦しむ類のことは、中途半端な覚悟で公表していいことじゃない。事実起こった後に「このことだったんです」なんて口が裂けても言ったら駄目だ。死んでる人がいる。



新潟のほうで大変な大地震が起きたけど、そのサイトは見ていない。

児戯スターダスト

Mon.16.07.2007
2 comments
あまり話題のニュースについては書きたくないのだけれどこれだけどうしても書いておきます。



どうやら王妃が


「肉まんがないのなら、ダンボールを食べればいいじゃない。」




って言ったとかいうから。

ディファレンス

Sun.15.07.2007
0 comments
よく行く店に新しいバイトが入った。



今までにいたような少し暗いタイプの人ではなくて、声が可愛らしい感じの女の子。「すいませ-ん。」ってよく言う。すいませーんって。畜生が。



何故か落ち着かない。そういえば以前バイト先で人の見た目を雑誌に置き換えるという話の際にオレは「ヤングサンデー」タイプだといわれた。残念ながらその雑誌は読んでいないのでどんなタイプなのかイメージは出来ないが、その新しいバイトはマガジンであると言えるだろう。そこだ。共存が不可能であったのだ。ヤンマガじゃ無かっただけ救いだといえるがそれにしてもこういう差が時に大きな隔たりを生むのだ。



ところで注文取りに来るの早すぎないか。まだメニュー開いてもいないぞ。


「あ、すいませーん。」

「はあ。」



深く深呼吸をした後、頭から飲み込んでやった。

ボリボリ。

胃がもたれるね。




「じゃあ口直しにホットコーヒーを1杯。」

散髪したら酔拳2のボスみたいになった

Fri.13.07.2007
0 comments
20070713


まぁ、これはいいとして。



メッセンジャーを活用したい。アレはとても面白いものだと思うから。月1ぐらいで指定のお題に対して強制的に会話するコーナーを実験的に設けたいと思った。なので現在のアカウント以外に別人格を作成した。ここで募集すると以前のような総スカンの結果(過去の日記「疾風伝説!特攻精神」参照)になることは目に見えているが一応。

godiego9999@gmail.com


これでやる予定なんで。気軽にメールを。業者から気軽に大量のメールが来ても、参加者とみなす予定。




集まらなかったら、特攻服を着る最初の機会が俺に訪れることになる。


追記、偽名で結構。



兆候

Wed.11.07.2007
0 comments
スマパンのアルバム買った。



聞いてみて正直戸惑った。でもそれがスマパンに対してなのか、ハードなロックというジャンルに対してなのか分からない。

レモンの朝、疑心暗鬼の夕べ

Tue.10.07.2007
0 comments
レモン○○個分のビタミンC。


ってよくある。アセロラなんかはレモンに比べ十数倍のビタミンCを持つことで知られる。耳に新しい果物はどれもレモンを凌駕するビタミンが売りになる場合が多い。俺が最初にこの表現を目にした時どんなに酸っぱいか恐れたものだ。ビタミンC=酸っぱさという安易なイメージを持っていた俺はアセロラのジュースを飲むときにどんなに酸っぱいのかワクワクした記憶がある。


でも、そんなこと無かった。初めて飲んだアセロラジュースはとても甘くて穏やかな味だった。じゃあレモンの酸っぱさって何なんだろう。軽々新参者に奪われていくビタミンCの数値はどういうことなのか。



実はレモンってそんなにビタミン無いんじゃないか。ただ酸っぱいイメージから比較対象として利用され、「○○倍かー。やっぱこの果物すげーわ。」とか言われている。「俺は一度もビタミンCを売りにしたことなんか無いのに…」とかレモンは毎晩嘆いているのだろうかと思うと、最近多数作り出されている王子様たちにこの先訪れる苦悩を想像させられる。
調べて見たら「レモン」には粗悪な中古車というスラングもあるそうだ。何て扱いだ。もうたまらない。



こうなると信じられなくなってくるのが「馬力」だ。○○万馬力のロボットだ!みたいな事言うけど、馬の力って基準としてはどうなんだろう。俺が以前観光地で見た馬車はゼイゼイいってものすごく遅かった。馬って動物界ではどのような位置づけなんだろうか。ひょっとしたら虎とかに言わせれば「ああー。馬力?まー馬で考えればねー。」なんて言われてるんじゃないか。なんてこった…。



こうなると信じられなくなってくるのが「東京ドーム○個分」という表現だ。東京ドームってひょっとしたら…(以下略)


続きを読む »

テーマ : バトン - ジャンル : その他

god knows your lonely soul

Tue.10.07.2007
0 comments
昨夜見た悪夢は


・広大なヤクザだらけの体育館を彷徨う。
・変な男(さそりの刺青)が付いて来る
・その男を裏切ってしまったために、巨大なサソリに変身した男に頭から喰われる。
・何度も謝りながら噛み砕かれていく


という典型的な悪夢。普通は陰鬱な気分で目覚めるところだが人間悪夢再生機の異名を持つ俺はこの程度ではどうにもならない。そこで今日は悪夢にうなされないコツを教えたいと思う。初めて人の役に立つことを書くつもりだ。


研究(閃き)の結果、夢はその日や近くにに起きたことなどのパーツから構成される場合が多いと確信した。そこで俺の身の回りの事でこの夢の引き金になったことをあげると。


・怪人フィギュアを作っている人のサイトを見てその造形美に魂を奪われる
・買い物をしている際に全然似合ってない刺青だらけの女性とすれ違う
・メシを喰いに行って横で大声で「ブラックレイン」の話をしている関西人に殺意を覚える
・地元の体育館にてただひたすら走る


などから要素を取り出し構成したものだと分かる。ほら、夢にメッセージなんて無い。理由さえ分かれば恐怖は無くなる。だから悪夢をいくら続けて見ても俺の精神は健全である。



健全であるのだ。

アナログ愛憎半ば

Mon.09.07.2007
0 comments
デジタルVSアナログってのはいつまでもある議論だ。



たとえばレコードってメディアがある。ジャンルや年代によってはCDよりも音がいいという人もいる。確かにそうかもしれない。


俺は個人的にはCD主義者である。俺のようにモノの扱いが適当な人間にはレコードは辛い。俺は好きな曲を何回も聴くタイプだ。「明日に架ける橋」を夜11時から朝六時ぐらいまで途切れることなくリピートし続けた恐怖の記録を保持している。でもレコードの場合俺のプレーヤーが自動じゃないこともあって針で傷つけてしまうことが多い。おまけに買った時点で曲がっているものなんかはすぐ飛ぶからまたその度に傷が付く。だから好きなレコードはどれも傷だらけノイズだらけだ。なので好きな曲がレコードでしか出ない場合泣く泣く買うのがつらい、どうしても保存したいものはすぐにCDに焼く。



でもそれでも買うレコードがある。monolakeっていうアーティストのレコードだ。結構有名なのでもちろんCDでも発売されている。なぜ買うのかというと、この人の曲は極めてストイックなテクノだ、踊れる音楽だけあってスピードも速い。だがレコードで33回転で(レコードプレーヤーには二つの回転数が選べるようになっていてレコードはこのどちらかにあわせて発売される。シングルは45回転の場合が多い、と思う。)かけるとスピードが遅くなり全く表情の違う曲になる。monolakeとしてはこれは想定外かもしれないが、俺はこっちの方が好きである。


こればっかりはCDでは出来ない。音質とか言う問題ではなくこの利点だけで俺はプレーヤーを捨てられない。












ま、PCでピッチ落としても良いんだけど、音がな…


あ。

もっと重要な事

Sun.08.07.2007
0 comments
忘れているとは。


車に乗りながら何の気なしに日付を見たら、スリーセブンだった。…何か忘れているような。








スマパンの新譜。忘れているとは。七夕がどうだとか馬鹿みたいなこと言ってる場合じゃねえ。急いでCDショップに向かった。発売日に買うなんてこの人たちのCDぐらいのものだから譲れない。でも勘違いだった、今日発売なのはどうやらアメリカのようだ。情報を集めている時に余計なことまで知ってしまったけど、メンバーが半分入れ替わるのは同じバンドといえるのだろうか。作曲に関っている人間が残れば良いという意見もあるが、じゃあ砂原残してピエール辞めたらって言われたらそれは電グルじゃないと思う。


とにかく、これじゃもうZWANじゃんか。


買うけど。

人の思念が

Sat.07.07.2007
0 comments
毎年、このあたりの時期になると考えることがある。



七夕はこの地方では旧暦にしたがって行われる。だから7月7日になっても誰も騒がない。全国ニュースでは天気などやたら触れるが、地方ニュースでは冒頭の挨拶でほんの少し触れるぐらい。「今日は曇りだから二人は会えないかも。」なんて。会いたかったら一ヶ月後に仙台来いよってことか。外を歩いていても全く今日が七夕なんて思えない。



俺は仙台で生まれてずっとここで暮らしてるから、七夕は8月の行事だと思っている。でも8月は全国で仙台のニュースをひょっとしたらやるぐらいで通りを歩いていても何のことは無いんだろう。そう考えるようになってから7月のこの街の冷ややかさが少し怖い。おそらく8月の連休にぶつける方が観光客を呼ぶ効果が高いとかいろいろ旧暦を重んじる以外の思惑があるのだろう。2月に大きな連休があれば旧正月はもっと大きなイベントになっていただろう。



大体、七夕に二人を繋ぐ橋が掛かると言うのは良いとして、星には距離がある。調べてみたところアルタイルまでの距離は17光年近くある。七夕の日に人々の間に渦巻く様々な思念(大半はリビドーと呼ばれる)のうちに幾つかでも二人に向けられた思いがあるとして、それが俺が考えられる最高のスピード「光速」をもってしても17年ぐらいかかる。


かかるんだよ。




ごめんなさい。あまりあの祭りが好きではないので意地悪なことを言ってしまいました。


触手群

Thu.05.07.2007
0 comments
夢を見た。






とある路上で俺と数人がプールに入っていると一人のいけ好かない男が

「おい、あっち見てみろよ。変なデブが踊ってるぜ。」

と話しかけてきた。
確かに奇妙は光景だったがその踊ってる男は俺の知り合いだった為なんだかバツが悪くなって

「それよりあっち、なんか雲が渦巻いてる。」

と話を変えるために指差した先の雲はものすごい勢いで移動し始め中から巨大な円盤型UFOが出現した。円盤の上には銀色に光る無数の触手形モンスターが乗っていた。そしてあたりを一周すると円盤は彼方に消えた。程なくして地鳴りが起きる。遠くの方から悲鳴が聞こえさっきのモンスターが人々を蹂躙しながら迫ってくる。四方から迫るモンスターに逃げ場が無い。俺たちは近くの建物の階段を目指した。躊躇があった俺が最後尾になった。次々シャッターが閉まる店の中で二階のコンビニだけはまだ開いている、急がなければ。階段を急いで駆け上がった、2,3メートル後ろには触手群が。


南無三、間一髪コンビニの中に駆け込んだ。



「いらっしゃいませー。」


「す、すいません!からあげくん一つ!」


「カット!」



役者になった夢だと気付くのに、起きてから数分を要した。

timemachine

Wed.04.07.2007
0 comments
偽装



「着いたよ。」


「着いたよ、じゃねーよ。」

implosion

Tue.03.07.2007
0 comments
なにやら騒いでますけど。


参院選を控えてるからあんま余計な事言うなってのは違うと思う。こういう時期だからこそ思ってることは全部言って貰いたい。もっとシンプルでいい。



テレビとか見てるとホントに舐められてるなーと思うことが多くなった。いくらなんでもそんなんで喜ばねーよ。高くて美味いメシと動物見せりゃ喜ぶと思いやがって。


以前偶然見かけた番組で有名な力士さんを連れまわして美味いメシをご馳走すると言うものがあった。確か寿司屋にいって雲丹やら大トロやらを美味い美味いと騒いで次には鉄板焼を喰いに行くというところまで見た。連れまわしているタレントはおおはしゃぎ。力士さんの顔は完全に曇っていた。俺はこの番組を見たとき本当に人間が企画した番組なのか疑った、記憶に残る中でもっとも醜悪な番組だった。出来るものなら関係者全員皆殺しにして「ここに人間はいなかった、一人もな。」と言ってやりたい。こんなものを喜んで見るだろうと思われてるかと思うと本当に腹が立つ。腹が立つからテレビまた見なくなった。



まぁ、なんだかんだでやはり党首は浅見千秋をおいてほかには無いと思う。

延々滞々

Mon.02.07.2007
2 comments
ピー。




また鳴りやがった。なに見てんだよお前等。



ビデオ屋の話であるが、入り口にある万引き防止用のゲートのブザーが鳴る。一回目は延滞した商品を持って入ったのでそんなこともあるかなと思った。二回目は何も持たずに入ったがまぁ偶然だろうと。そして今日また鳴った。今回は出るときにだ。偶然も三回連続だと何かの原因を考えてしまう。出るときになったという事、何も聞かない店員、その店員たちの何か憐憫に満ちた表情。



俺だ。ビデオではない、俺に対し鳴ってるのだろう。俺はごく普通の青年としての擬似記憶こそ植え付けられているが、レンタル商品であると考えざるを得ない。ブザーが鳴るのはもう貸し出し期間が過ぎているから。

商品が自らを返却に行く事は出来ない、誰か早く俺を返却に行って欲しいものだ。




次の客が俺を、待っているから。

続・ノストラダムス天気予報

Sun.01.07.2007
1 comments
回答編。



「悲愴」…すなわち負のイメージは天候が悪いことを連想させる、が一方言葉から青色のイメージが連想されるために青空と言う解釈も成り立つ。

「降り注ぐ」…降り注ぐと言えば雨、日差しでも良い。

「天を~」…空が見えないのは雲に覆われているから、または眩しいから。

「種を~」…梅雨が短いと心配されている今年は晴れならば予測を困難にさせ農作物に影響するだろう、雨ならば蒔くのは大変で難しいんじゃないかな。雨の日に蒔かねばならない種もあるのだろうか、その辺は考慮しませんでした。


こういう悪ふざけでした。



つまりは、何とでも取れる解釈は未来が見えていないことの証明であり、そのようないくつもの書物に予言という意味合いは無い。馬鹿馬鹿しいにもほどがある。だが謎めいた物に触れた時、それについて面白く解釈するのは素晴らしい事であると思う。ただ利益が絡んだ時や、自分の理想に近づけるために解釈を操作するのは邪である。だがどんなに明確に表現したとしても、その本人が偉大であればあるほどその人を慕う人間がその人の全てを理想としその枠にはめていくだろう。また邪な人は利益が得られる最高の表現に解釈するだろう。


アインシュタイン最後の写真はベロを出したものだったそうだ。自分の死を知っていたのでは、という解釈があった。もともと少し変わった人だ、カメラを向けられたら舌ぐらい出すかもしれない。でも、結局ホントのところは本人にしか分からない。

ドエライ聖人たちが残した聖典や教義は難解であったり、全く関係の無いシーン表現があったりする。俺は般若心経を自分なりには解釈しているつもりでいるが、人にこうだと言える自信は無いし結局釈迦の思いは正確には分からないと思っている。聖人たちの思想を完全に理解している人は居るのだろうか。同じ宗教の異なる宗派が争うにいたってはどちらかが正しいという問題では無いような気がする。聖人たちがもし再びこの世に現れた時彼らは困惑するに違いない、自分の教義が生んだ結果に。解釈は時と共に、それに触れた人の数と共に伝言ゲームのように変わっていく。だから経典のコアの部分は難解に、シーンのみをありありと描写しているのかもしれない。なるべくふり幅を大きく、解釈を変えたのはあくまでその者たちの責任であるように。



ならば彼らには確かに未来が見えていたことになる。
あら、話が逆になっちまった。じゃノストラダムスって本当は…



無理やりかな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。