FC2ブログ

アウレリウス

プロフィール

Aurelius

  • Author:Aurelius
  • 1983年、淀みから誕生
    体長:0.1ミリメートル~60メートル
    体重:4万8千トン(最大時)
    攻撃:ヘドリューム光線、ヘドロ弾、硫酸ミスト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
現在の私
フリーエリア
ブロとも申請フォーム
RSSリンク

埋め尽くす万物の始まりは、前の一周の終わりとの交わりだ。って。

Wed.27.09.2006
0 comments
丹波哲郎氏がお亡くなりになったそうで。

生前おっしゃっていた大霊界に戻られたのでしょうね。


良い来世を。
いつかどこかで会えたら、その時は。
スポンサーサイト

可能なことはすべて実現される

Tue.26.09.2006
0 comments
20060925.mp3


眠くないということもまた悩み。

パワーオブダークネス

Thu.21.09.2006
0 comments
私は本当に怒っている。


今日のこれ

「党員票の投票率は前回(03年)の69.33%を下回るとみられており、安倍氏の独走に党員の関心が低かったことを示すことになりそうだ。(毎日新聞)」



政治家の政治離れなんて洒落としても面白くもない。

許せない。

私は本当に怒っている。

ヒーローになりたいのなら、寝坊はするな

Wed.13.09.2006
0 comments
20060912



ふるべゆらゆらと…ふるべ

夜な夜なスレイプニルを駆る伝説の神は、おそらく欲望の権化だ

Tue.12.09.2006
0 comments
ついさっき、近所のコンビニまで買い物に行っていたところ店内で某女性歌手の歌がかかっていて。

なんとなく聞いたことのある歌だったので続きを店からでた後になんとなく口ずさんでいたら、自転車に乗っている女の子が私の横を通り過ぎた。


瞬間。
俺の魂の純潔を守るためにころs$てやろうかと思ったんだけどさ、今日は髪のウェーブが決まってるから許してあげるよ。




ま、それはそれとして。こんなことって結構ある。

思い出すのは2,3年前、友人たちと心霊スポット巡りに行く最中、メンバーの中にものすごい怖がりがいたので。


「じゃあ絶対に怖くならないようなCDを借りていこうぜ」


と、ツタヤによって当時ヒットしていた某女性アイドルグループのCDを借り、大音量でかけながら行動していた。
おかげで道中は心霊の「し」の字も出ないほど笑いながらの旅だったのだが。帰りのコンビニで車から降りたときにあたかも街宣車かのような音量でヒットソングが駄々漏れになっているときに気づき、ゾッとしたことを思い出した。夏の終わりに怖い話。


ま、この二つはどっちも自分の好きな人の曲ではなかっただけ良いんだけど、どちらにしても人に聞かれるのは恥ずかしい。



じゃあ人に聞かれても全く困らないどころか、逆に好印象すら与えてしまう曲って何だろう?


「イマジン」とかいいんじゃないか。

「まあ、あの人こんな真夜中に世界の平和を願って…」
みたいな感じで。


ほんとね。


おやすみなさい。